メニュー

脳ドック

脳ドック

脳ドックのご案内

脳ドックのご案内

脳ドックは、日本人の三大死因の一つである脳血管障害(脳卒中)をはじめとする脳の病気を早期に発見し未然に発症を防いだり、進行を遅らせることを目的としています。脳の病気は他の病気と違っていったん発症すると、重症化したり、治りにくい傾向がありますので脳ドックは非常に注目されています。
当院の脳ドックは超伝導1.5TのMR装置を使用し、脳神経外科専門医が直接診察する日本脳ドック学会のガイドラインに沿って行なわれる貴重な脳ドックです。皆様のご来院をお待ちしています。

脳ドックを特にお勧めするのは

脳ドックのガイドラインでは、脳ドックの積極敵対象は中高年齢者としています。また、ご家族が脳卒中にかかったことがある方、高血圧の方、肥満症の方、喫煙者などの危険因子を有する脳の疾患のハイリスク群に該当する方々に脳ドックを特にお勧めします。

脳ドック(実際の流れ)

ご予約
「 脳ドック希望 」と電話 (06-6434-1236) でお伝えください。
矢印
ご希望の確認
ご希望のコース(下記参照)と日時を伺い調整します。
矢印
ご来院
簡易コースと標準コースは1回のみご来院いただきます。
MAXコースは2回ご来院いただきます。
矢印
報告書
最終診察後、画像ファイルと報告書をお渡しします。

脳ドックの各コース紹介

脳ドック簡易コース

他で人間ドック・健康診断などをすでに受けられている方が対象です。
脳の画像診断に特化した脳専門クリニックならではのコースです。

脳ドック

簡易Aコース

脳実質と脳血管、さらに頸部血管の画像イメージをMRで描出する検査です。
日常診療で良く行なわれるセットです。
脳腫瘍、脳動脈瘤、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、血管奇形、脳萎縮・水頭症(認知症の評価)などの脳画像の評価を行ないます。

所要時間 約45分
設定料金 28,000円

簡易Bコース

簡易Aコースの特徴に加え脳梗塞の原因になりうる頚動脈の狭窄の評価や、全身の動脈硬化の指標にもなる内膜中膜複合体の評価が可能です。

所要時間 約60分
設定料金 34,000円

脳ドック標準コース

一般的なドック脳ドック、及びさらにオプションを充実させたコースです。
「いわゆる脳ドック」といえばこのタイプです。

脳ドック

脳ドック学会のガイドラインに準拠した基本的な脳ドックです。
「脳ドック」といえばこのセットです。
脳実質の画像イメージと脳や頸の血管の画像イメージと、脳卒中と関連する動脈硬化や全身の状態の評価を行ないます。
脳腫瘍、脳動脈瘤、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、血管奇形、脳萎縮・水頭症(認知症の評価)などの脳画像の評価と全身の動脈硬化や脳卒中の原因になりうる体の評価を行ないます。

所要時間 2時間30分
設定料金 42,000円

脳ドックMAXコース

脳ドック学会で推奨された標準コースにさらにオプションの検査が追加され、脳梗塞や認知発症の危険因子に関して強化されています。体に負担がかからない脳の検査が網羅されています。

所要時間 3時間+後日来院
設定料金 98,000円

※1 超伝導1.5テスラMR装置による、T1、T2、T2米、フレアー画像
※2 一般末梢血検査(白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクロット、血小板数、総蛋白、アルブミン、総コレステロール、HDLコレステロール、血糖、HbA1c、尿酸、BUN、クレアチニン)
※3 早期アルツハイマー型痴呆の診断補助システムで、1.5TのMRで収集した脳の立体データーより、海馬萎縮の度合いを計算します

脳ドック